MENU

漫画BANKは閉鎖したって本当?後継サイトは?本当に見るだけなら逮捕されないの?

漫画BANKの現在は?読むだけなら逮捕されない?

「漫画BANK(漫画バンク)」は無料で漫画をダウンロードできるとされていた「違法海賊サイト」です。

その漫画BANKが2021年11月4日に突如閉鎖されてしまったので、その真相と理由について調査してみました。

同時に漫画BANKと検索すると表示される「漫画PLAY」という後継サイトについても紹介しています。

この記事では漫画BANKの現状について、漫画BANKの危険性・逮捕の可能性について解説していくので、サイトを利用してしまった経験がある方は特に要チェックです。

目次

漫画BANKは「漫画PLAY」と名前を変えているが閉鎖と再開を繰り替えしている

現在漫画BANK・漫画BANK後継サイトはアクセス拒否対象になっており、閲覧もできません。

漫画バンク後は「Fbay」という名前に変わりましたが、そのサイトも閉鎖され、すぐに「漫画PLAY」という違法漫画サイトが登場しました。

漫画PLAY

現在は「漫画バンク」で検索しても違法漫画サイトが表示されることは無く、閲覧する手段はありません。

漫画バンク・Fbayともども集英社が代表して取り締まりを行っているので、この漫画PLAYもすぐに閉鎖されてしまうでしょう。

漫画BANK(漫画バンク)が閉鎖したのは集英社の訴訟による可能性が高い

漫画BANK閉鎖の原因とは?
  • 「集英社」代表して訴訟を始めている
  • Googleに対して関連サイトの情報開示請求が開始された
  • 現在は閉鎖・アクセス拒否の対象になっており、そもそも閲覧ができない

『漫画BANK(漫画バンク)』に対し、集英社をはじめとする出版社が訴訟を行っています。

国内最大規模として知られる漫画の海賊版サイトの運営者の氏名や住所について、集英社をはじめとする日本の大手出版社がアメリカのグーグルなどに情報開示するよう申し立て、現地の裁判所が開示命令を出したことが分かりました。このサイトは今月閉鎖されましたが、出版社は著作権を侵害したとして運営者の刑事告訴などを行う方針です。
引用元:NHKニュース

「漫画村」という以前閉鎖した違法漫画サイトについても、運営者「星野ロミ」が国外逃亡の末に逮捕され実刑判決を受けており、逮捕は免れません。

漫画BANKもその後継サイトも時間が経てば同じようなルートで逮捕され、サイト自体も閉鎖に至るでしょう。

今まで漫画BANKで違法に漫画を読めていた理由は?

海外のサイトを用意したり頻繁にドメインに変更をかけたりするなどして運営者情報を変更し、足取りが分かりにくいようにしていました。

しかし正規の手順で開示請求を行えば運営者情報がつかめる上、仮に情報を偽造しても結局は星野ロミのように捕まってしまいます。

2021年11月12日には海外の裁判所が集英社の提訴を受諾しており国内でもニュースとして報道されています。

漫画BANKの現在閲覧できる後継サイトはある?

漫画BANKの後継サイトや類似サイトも間違いなく、同じ手順を踏んで閉鎖するでしょう。

あくまでも集英社が漫画BANKに対してとった行動は「違法漫画サイト」郡に対する1つのアクションに過ぎず、これからどんどん他の違法漫画サイトにも開示請求が行われる可能性が高いと考えられます。

漫画BANK(漫画バンク)を見ただけで逮捕される可能性は?

引用元:一般社団法人海外流通促進機構
  • 2021年1月1日に「漫画の違法ダウンロード」が規制対象になった
  • 違法漫画サイトの閲覧は個人情報の抜き取り・ハッキングの可能性がある
  • 違法ダウンロードは漫画家・漫画業界にダメージを与えている

2020年1月から法改正が行われ、違法ダウンロードの罰則化対象に「漫画」が含まれるようになりました。

すなわち違法な漫画のダウンロードは逮捕の可能性がある行為ということになります。

まだ法改正さればかりでどう運用されていくのかは様子見する必要がありますが、見せしめ的にガンガン逮捕者が出てもおかしくはありません。

漫画の違反ダウンロードのみでの逮捕は現在の段階では確認されていませんが、漫画業界に与えているダメージを考えると規制が強化されるかもしれません。

漫画BANKは個人情報流出・ウイルス感染の危険性があるサイト

漫画BANKの危険性
  • 詐欺広告が頻出する
  • ウイルスの感染リスクがある
  • 違法と知って漫画をダウンロードするのは犯罪
  • 個人情報やパスワードを抜き取られる可能性がある
  • スマホを乗っ取られて勝手にマイニングに利用される可能性がある

漫画BANKで漫画を読むときの最大の危険性は、「詐欺広告」や「ウイルス混入」です。

違反漫画サイトは読むだけでもウイルスに感染するリスクがあり、最悪の場合はクレジットカードの情報・電話番号・本名・住所が抜き取られてしまいます。

それなら自分のスマホを守るための保険として、安いお金を払って合法的に漫画を読んだほうが安全です。

変な広告さえ踏まなければ大丈夫」と勘違いしている人もいるかもしれませんが、それは誤りです。

「仮想通貨のマイニング」でスマホやPCを演算に悪用され、気がついていたらバッテリーやパーツが故障していた・・・なんてこともあります。

【合法】漫画配信アプリ・漫画販売サイトのおすすめランキング

配信サイト・漫画アプリおすすめ度
DLSite初回登録で300円OFFクーポン貰える!
 常時割引&最大95%オフ!
コミックシーモア初回登録で70%OFFクーポン!
 最大
20,000pt還元!
ebookjapan 初回特典で最大3000円割引
まんが王国 初回限定
18,000pt還元
booklive 毎日クーポンゲット!

コミックシーモアなら初回70%オフクーポン貰える&最大20,000pt還元!

コミックシーモアは一般作品から、ネット限定・シーモア限定の作品もラインナップされている漫画配信サイトです。

初回割引・月額会員サービスからを漫画を安く読むにはコミックシーモアが一番おすすめな漫画サイトであり、たくさん漫画を読みたい方に嬉しいキャンペーンを行っています。

  • 初回登録で70%OFFクーポンが貰える!
  • 月額料金なし・購入した作品のダウンロード可能!
  • 月額メニューなら最大20,000ポイント還元!
  • 常時割引サービス中!

コミックシーモアは漫画を安く読める特典がたくさんあるので、購入すればするほどお得な月額登録サービスがあります。

コミックシーモア先行で配信されている漫画が沢山ラインナップされているので、他では読めない作品ばかりです。

試し読みやサンプルは会員登録不要でチェックできるので、気に入った作品は試し読みしてみましょう!

DLSiteなら初回300円割引クーポン貰える&常時割引サービス中で最大95%オフ!

  • 『入れ替える作品名です』はDLSiteで独占配信中!
  • 初回登録で300円OFFクーポンが貰える!
  • 月額料金なし・購入した作品のダウンロード可能!
  • 常時割引サービス中、クーポンは定期的に配布中!

DLSiteは漫画を安く読める特典がたくさんあるので、他で読めない同人漫画を読むのに最適なサイトです。

とくに大人向け・BL・TLの作品がたくさんラインナップされているので、コミックシーモアやebookjapanでは読めない作品ばかりです。

試し読みやサンプルは会員登録不要でチェックできるので、気に入った作品は試し読みしてみましょう!

この記事の参考サイト一覧

目次
目次
閉じる